検索

省エネ義務化動向

最終更新: 2019年1月29日






2020年以降、省エネ基準を満たさない家は建てられない。という、国の方針に従って、弊社もZEH研究会などを立ち上げ、勉強してまいりましたが、ここにきて、国は、

「省エネ基準義務化は建築士による説明義務にどどまる。」

と、トーンダウンしてしまいました。

その理由は、

●義務化は、効率性の低い投資を強いる面がある。



●中小の工務店や設計事務所には、省エネ基準等に習熟していない者が相当数いる。


など、あげていますが、極めつけは、

●所管行政庁の省エネ基準への適合審査に係る業務負担が大きい。

としています。


今頃!?と、いうのが私の率直な感想でありますが、実際、本当に義務化になったなら、相当な混乱は避けられないと、思っていたので拍子抜けしてしまいました。


いずれにしても、建築士さんは、省エネ基準への適否の説明が必要になりますので、弊社も引き続き勉強してまいります。


47回の閲覧

最新記事

すべて表示

YouTube、はじめました

コロナ禍、いろいろと制限される中で、新たなる挑戦!で、動画作ってみました! 第一弾は、皆さん知っているようで意外と知らない網戸の種類について載せています。 ホームページのメニュー欄に「solutions」サイトがありますのでそちらからご覧ください! 初心者なので、お聞き苦しい、お見苦しい映像になっておりますが、なにかのお役に立てれば嬉しいです。

新型コロナウィルスのその先

世界中を騒がしている新型コロナウィルス。 政府もテレワークを推奨していますが、導入できる企業、職種は限られているようです。が、これで、テレワークのメリット、デメリットがあぶりだされ、議論され、改善されていくのでしょう。 新型コロナウィルスが出てくる前から、東京2020大会期間中は、テレワークで。と言っていた企業もあることですから、今年がテレワーク元年になるんですかねー? 技術は事故、不便から、進歩

〒134-0083 東京都江戸川区中葛西3-18-8

Tel 03-3804-1134 Fax 03-3804-117